ベトナム 観光ビザの取得方法。オンラインで申請書に入力&郵送で取得できた

0

ベトナム ビザの取得方法。オンラインで申請書に入力後、郵送で取得しました

ベトナム 観光ビザの取得方法を調べようと検索してみました。すると、ビザ取得の代行業者はたくさん見つかるのに、公式の方法が全然ヒットしません。それで、ベトナムの領事館に直接電話をして申請から取得までの流れを尋ねてみました。

結果。なんだ、簡単。

オンラインで入力したビザの申請書とパスポートを現金書留で領事館宛に郵送すればOK。1週間後にはビザを貼り付けたパスポートが手元へ届きました。

届いたビザ

なぜ、ビザがいるの?

ベトナムへ1ヶ月間滞在するからです。ダナンという海沿いの街。リゾートタウンです。IT企業がけっこう進出していて、オフショア開発の拠点として最近注目度がメキメキアップしてます。ちょっと様子を見てこようと思って。現地視察です。

普通に観光旅行でベトナムへ行く場合、下記の条件が揃えばビザ免除で入国できます。

  • 15日以内の滞在*
  • パスポートの有効期限が6ヶ月以上
  • ベトナム出国のチケットを持っている

*15日以内の滞在でも、一度ベトナムを出て30日以内に再度ベトナムを訪れる場合は要ビザらしいので注意が必要です。

観光ビザの種類

観光ビザには期間と訪問回数が違う以下の種類があります。

  • 1ヶ月/シングル
  • 1ヶ月/マルチ
  • 3ヶ月/シングル
  • 3ヶ月/マルチ

シングルは期間内に一度だけベトナムを訪れる場合のビザです。期間内に出たり入ったりを繰り返したい場合はマルチが必要です。

だいたいいつも東南アジアに滞在するときは、ついでにご近所の国々にもおじゃまします。でも、今回拠点にするダナンの近くには「フエ」や「ホイアン」など魅力ある街が多いのです。

フエ

フエ

フエはベトナム最後の王朝があった場所です。ダナンから2時間くらいで行けるらしく、歴史的な建造物も多く、古き良きベトナムを味わえるそうです。

ホイアン

ホイアン

ホイアンはダナンから30分。川沿いにいい感じのゲストハウスや土産物屋が並んでいるらしく、屋台もあって、夜はすごく雰囲気がいいらしいです。

こういうベトナム情緒溢れる田舎町もゆっくり味わいたいなと思って、今回はよその国へ浮気しないことにしました。必要なビザは「観光ビザ 1ヶ月 シングル」に決定です。

観光ビザ 郵送での取得方法

届いたビザ

観光ビザを取得する方法は、ベトナム大使館/領事館へ出向くか、郵送があります。大使館は東京、領事館は大阪の堺市にあり、西に住むボクは大阪の領事館のほうへ郵送で申請することにしました。流れはこんな感じです。

  • 1. 申請書を書く
  • 2. パスポート、申請書、代金、写真を現金書留で送る
  • 3. 1週間以内にビザ付きのパスポートが届く

申請書はオンラインで直接入力する方法と、ダウンロードして手書きする方法があります。

ボクはオンラインのほうで。入力項目が英語なので、簡単に訳したものを載せておきます。

入力画面は3つに分かれています。まず1番目。写真をブラウザからアップロードできるのが便利ですね。

オンライン申請書1

2番目の入力画面です。特に難しくないかな。

オンライン申請書2

3番目。観光ビザなら上半分は不要です。

オンライン申請書3

「NEXT」へ進んだあと、申請書が完成するのでプリントアウトします。これをあとで郵送で領事館宛に送ります。

手書きしたい人は以下からダウンロードできます。日本語訳がついてるので安心です。

代金

取得にかかるお金です。シングル1ヶ月の場合です。他の期間、またマルチ希望の方は要確認です。

申請料 6500円
返送料 1000円
合計 7500円

合計7,500円、写真(3x4cm)、申請書、パスポートを現金書留で大阪のベトナム領事館へ送りました。その後、1週間したらビザ貼付のパスポートが返送されてきました。

アライバルビザ

ベトナムへ到着時、イミグレーションの手前で取得できるアライバルビザという方法もあるそうです。調べてみると、なんだか大変だったという話をよく見かけました。行ってからもらうよりも、持って行くほうが安心じゃないですかね。

ビジネスビザ

ビジネスビザの情報を求めてこの記事へ辿りついた方もいるかもしれません。すみません。ビジネスビザ取得の方法は存じません。紹介状(招聘状?)がいるとか、観光ビザよりも難しそうですね。

注意

あのですね、ボクはベトナム大使館/領事館とは一切関係ございません。というのも上のミャンマーのビザ取得方法についてもそうなのですが、「レスポンスが遅い」や「こんな場合はどうするの?」というクレームや質問がわりとよくくるんですね。繰り返しますが、ボクは大使館や領事館の人間ではないことをどうかご理解くださいませ。

ビザは入国できるかどうかを決める重要なものです。ベトナムは経済的にも政治的にもいまかなり動いているので、ビザの条件も刻一刻と変わる可能性があります。必ず公式の情報をお確かめください。この記事がらみで生じたトラブルには、一切責任を持ちませんので、あしからず(*´ェ`*)

Share.

About Author

Comments are closed.