WordPressをVPSで立ち上げる

0


WordPressでサイトを立ち上げる。単純にどうすればいいの?って人もいるかもしれません。
やりかたとしてはいくつかあり代表的なものとしては、大きく下記の2つの方法ではないでしょうか。
1.レンタルサーバーを借りる
2.VPSサーバーを使って立ち上げる

今回はさくらのVPS
のSSDを試してみたかったので、新規に契約し試してみました。

なぜVPSでWordPressを立ち上げるの?と思う方もいるかもしれませんが、
NginxやPHP5-FPM、Varnishなどを使用したい。などなるべく自由に高速に使いたいという人にはVPSがおすすめです。

1.OSをUbuntuに変更

OSは単純に慣れがあるのと、どこかの記事でベンチマークを取った時に、Debian系(Ubuntuを含め)のほうが少し早かったこともあり、Ubuntuに入れなおします。
さくらVPSでのUbuntuへの変更方法はさくらのページに詳しく載ってますので、割愛させてもらいます。

2.必要なソフトウェア

WordPressを動かすためには

    が必要です。

    3.下準備

    簡単にインストールを済ませるために、APTコマンドでインストールできるようにします。
    いくつか最新版を入れたいので、レポジトリに追加できるようにいくつかツールを先にインストールします。

    sudo apt-get install python-software-properties -y

    つぎにMySQLの5.6をインストールできるようにレポジトリを追加

    sudo apt-add-repository ppa:ondrej/mysql-5.6 -y

    つぎにVarnishのバージョン4をインストールするためにレポジトリを追加

    curl https://repo.varnish-cache.org/ubuntu/GPG-key.txt | apt-key add -
    echo "deb https://repo.varnish-cache.org/ubuntu/ precise varnish-4.0" >> /etc/apt/sources.list.d/varnish-cache.list

    追加レポジトリを反映するために下記コマンドを実行

    sudo apt-get update

    次にソフトウェアをインストール

    最初にNginxとPHP5-FPM

    sudo apt-get install nginx php5-fpm

    次にMySQL5.6

    sudo apt-get install mysql-server

    これでMySQL5.6がインストールされたので、次にVarnish

    sudo apt-get install varnish libvarnish-dev

    ここまでで下準備は完了です。

    5.各ソフトウェアの設定

    nginxの設定

    フロントエンドでVarnishを動かして、バックグラウンドでNGINXを動かします。
    そのため、いくつか通常と違う設定をしなければなりません。
    FILE:/etc/nginx/site-available/default
    serverセクションのポート番号を変更します。
    ・listen 80 → listen 8080
    に変更します。
    あとは通常の設定で構いません。
    人によってはPHPのソケットをUNIXソケットに変更したい人もいるでしょう。
    その場合は
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000; → fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
    に変更し、PHPの設定を変更します。
    FILE:/etc/php5/fpm/pool.d/www.conf
    listen = 127.0.0.1:9000 → listen = /var/run/php5-fpm.sock
    に変更してください。

    Varnishの設定

    まず”/etc/default/varnish”というファイルを編集し
    DAEMON_OPTS=”-a :6081 \
    となっている行のポート番号を80番に変更してください。
    大規模なサイトで使う場合は、もっとチューニングが必要ですが、単純にキャッシュ機能を使うだけであれば、これで十分だと思います。
    上記設定が終わったら、それぞれのサービスを再起動しましょう。

    sudo service nginx restart
    sudo service varnish restart
    sudo service php5-fpm restart
    

    これで設定した自分のサイトにアクセスしてみて、サイトが通常通り見ることが出来ていれば、完了です。

    6.WordPressのインストール

    すぐにWordPressをインストールしたいところですが、まだデータベースを作成してません。
    まずはMysqlにログインしましょう。

    $ mysql -u root -p
    Enter password:【rootのパスワードを入力】
    create database WORDPRESS character set utf8;
    

    ※WORDPRESSは好きなデータベース名に変えてください。
    これでデータベースができましたので、WordPressをアップロードして、インストールを始めるだけです。

    Share.

    About Author

    Leave A Reply